通信制大学を選んだ理由

安い学費と入学の選択の幅の広さ

私は社会人で通信制大学を選択した理由の第一は学費の安さです。一般の大学に比べて桁違いの安さです。第二に、自分の学びたい専攻を入試を必要とすることなく選べる点です。学びたいことが学べずに入試の点数だけで振り分けることがありません。私は通学の大学を卒業していますが、専門科目の学習においては、書籍を精読し学ぶという点では変わりありません。むしろレポートなどの課題が多く課される通信はかなりの勉強を要します。第三にスクーリングが受講できることですが、貴重な対面学習の機会で、友人との交流もあり、楽しい時間です。学習において励みになる時間です。第4に大学の図書館施設が利用できることが挙げられます。様々な専門図書が利用できることは有意義です。

自律的な学習が重要!

通信制大学で単位取得は、レポート、スクーリング、試験の3種類です。大学から教科書が送られてきて、それを読み、レポート課題の問題についてレポートを作成します。通学制の大学とは違い授業はスクーリングがあれば対面で受講できますが、ない場合は教科書等や指定の参考文献を基してレポートを作成します。質問は質問状などを利用して質問できます。スクーリングは夏や冬などに集中的に行われます。大学のキャンパスを経験でき、対面での教員の講義が聴けますので、日ごろの疑問点を直接聞くことができる機会です。試験は、全国に会場があり、自宅から近い会場で試験を受けることができます。サークルなどもあり、参加することで友人との交流ができます。

教育免許を通信で取得することで、自分の都合に合わせて無理なく学べるため、仕事をしている人でもスムーズに取得できます。