通信大学の就職率は?

入学する時は学部や学科の選択を慎重に

将来の就職に備えて、通信制大学で学びたいと考えている方はとても多いです。まずは、学部や学科の選択を慎重に行うことがコツです。なぜなら、通信制大学の卒業と同時に、免許や資格を取得できる学部や学科が存在しているためです。小学校教諭や幼稚園教諭、特別支援学校教諭など教育系の免許を取得するために学べる通信制大学もあります。中学校や高等学校の免許取得も可能ですから、将来は教諭として働くことを希望している方に最適です。ほかに、社会福祉士やホームヘルパーなどの福祉系や、行政書士や税理士などのビジネス系の資格を取得できる通信制大学も見受けられます。学芸員や建築士など、通信制大学で取得できる免許や資格はとても多いので、希望に合わせて学部や学科を選択しましょう。

卒業後の進路について調べよう

希望の学部や学科が決まったなら、具体的に通信制大学について調べましょう。通信制大学では無料でパンフレットを提供していますから、気軽に申し込んで取り寄せることが肝心です。ホームページにも詳細が記されていますので、とても参考になります。パンフレットやホームページには、実際に通信制大学を卒業した方々の進路に関する情報が載っています。どのような進路を選んだのか知ることができますから、とても参考になります。中には、卒業後の就職率を掲載している通信制大学もありますからすみずみまで閲覧しましょう。通信制大学の学部や学科によって就職率が異なるケースが見受けられますので、それぞれの情報を比較することが大切です。

小学校教員免許を通信で取るには、高卒の人で四年間、短大や大学卒なら二年間通信教育を受け、レポートを提出しスクーリングを受けて必要単位を取得すれば小学校教員免許を取得できます。